フードビジネス・飲食業界専門の人材紹介サービスならフード求人ドットコム

placeアクセス

mail_outlineお問い合わせ

お問い合わせはこちら

phone03-3289-2320

受付時間:9時~19時(日祝日を除く)

MENU

Blog

  1. TOP
  2. Blog
  3. 栄養士・管理栄養士の資格を活かす(前編)

2019/09/04

栄養士・管理栄養士の資格を活かす(前編)

フード求人ドットコム 職種別の働き方のすすめ!シリーズ・・・

 

■栄養士・管理栄養士の資格を活かす(前編)■

 

栄養士・管理栄養士とは

どちらも「栄養」のスペシャリストです。

給食の現場や医療の現場、アスリートの育成など「食事」で体力強化・体質改善・健康管理などの

アドバイスの出来る資格です。

では、栄養士と管理栄養士では何が違うのか?

栄養士と管理栄養士は、免許の意味や取得方法が異なります。

 

―栄養士―

都道府県の知事が認定する国家資格。 栄養指導に従事する人のことです。

栄養士の免許を取得するためには、大学や短大、専門学校などの栄養士養成施設で専門課程を学び、卒業する必要があります。また、栄養士免許には試験がなく、栄養士養成施設を卒業するのと同時に取得することが可能です。

主な職場:病院、福祉施設、学校、保育園、行政、企業(社員食堂、学生寮 他)など。

 

―管理栄養士―

厚生労働大臣が認定する国家資格。 栄養指導に従事する人のことです。

管理栄養士の栄養指導は、健康な人に加えて、傷病者や高齢者など幅広い人が対象となっています。

栄養士免許を取得後、一定期間の実務経験を経て、国家試験に合格すれば管理栄養士の免許を取得できます。

なお、管理栄養士養成施設を卒業した場合には実務経験を免除されます。

主な職場:病院・福祉施設、学校、行政、スポーツ関連施設、研究機関、企業(食品メーカー他)など。

※企業でも食品業界を中心に、色々な職種で栄養士・管理栄養士の知識が生かせます。

上記の様に主な職場以外にも、栄養士・管理栄養士の資格を活かせる職場はいろいろありますが、

転職する際には、上記のような職場で何年の実績を積んでいるかがとても重要です。

まず「食」「栄養」「健康」に関する知識を最大限に活かせる職場でスキルを積んでから、新しい事に

チャレンジしてみませんか?

希望の職業に就くために必要なスキルについては、次回の後編で詳しくご説明したいと思います。

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

フード求人ドットコムでは、栄養士・管理栄養士さんのご登録をお待ちしています。

栄養士・管理栄養士としてメディカル/ヘルスケア部門以外の別業態にキャリアチェンジしたい方も

大歓迎です!専任のキャリアアドバイザーと一緒に希望に沿った職場を探しませんか?

ご登録はこちら→https://food-kyujin.com/entry/

栄養士・管理栄養士の求人特集はこちらをクリック!

 

PAGE TOP

フード求人ドットコムは、飲食・フードビジネス専門の人材紹介会社である株式会社パスランが運営しております。

当社は厚生労働大臣の認可を受けており、求職者の皆様には、専門のキャリアコンサルタントが転職サポートの全てを無料で行っておりますので安心してご利用いただけます